上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの西久保社長が沖縄県庁で会見し、
先日発表された宮古路線就航を延期した経緯を説明したとのこと。

那覇空港3階のカウンターを増設し、6月から運用予定であった。
工事着工直前に、那覇空港より3ヶ月の賃貸契約とするよう申し出あり。
那覇空港は1階へのカウンター設置を提案。
→これを破棄し、宮古便含め那覇路線の増便計画を縮小。

上記のような経緯だそうです。
スカイマークのカウンター増設についても、見切り発車的な面はあったのでしょうね。
しかし那覇空港の提案もいい加減というか、
一度設置したカウンターを3ヵ月後に撤収するなんて無理でしょう。
今後もピーチが那覇に就航することでカウンターを設置することが考えられますし、
3階に増設するのは不可能なのではないでしょうか。
1階は到着ロビーのようですが、そちらへの設置を受け入れるしかないのか・・・
受け入れないと2,3年後の空港の拡張まで新路線がありえないことになってしまいます。
1階への設置を受け入れないといけないかもしれません。
その時はせめてソラシドとピーチを引き連れて移ってほしいです。

宮古便については、当面は那覇から飛ばすことは難しそうです。
しかし宮古へは神戸や鹿児島あたりから飛ばしても面白そうですけどね。



コメント

久しぶりの投稿になります。
kちらのブログはスカイマークの情報に明るいのでずっと拝見はさせて貰っていました。

さて那覇空港ビルディングとスカイマークの問題ですが
リンクのページで拝見させていただくと那覇-宮古線だけでなく
那覇発着のスカイマークの戦略に大きな変更(縮小)を余儀なくされるようです。
10日にビルディングの会見もあったようなのでそちらの方は
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-178116-storytopic-4.html
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-06-12_19085/
増大する国際線需要を見極め国際線ビルの新設とともに
その新国際線ビルとの連結するターミナルビルも増築し、
新興の航空会社にはその新設される
連結ターミナルビル内へ参入してほしいようです。
(連結ターミナルビルの航空会社維持費は一部ビルディングが負担し
参入しやすい環境を整えるとのこと)
ただ連結ターミナルビルの供用開始は2016年度の予定なので
それまでは現ターミナルでの業務になるが
現ターミナルは新興航空会社の参入前の設計のため
増便分のカウンタースペースは保安上増設は
期間限定でしか認められ無いとのスタンスのようですので
本格的な那覇からの増便は2016年までは持ち越させられる可能性があります。
情報ありがとうございます。那覇空港ビルの話も記事にまとめてみました。
2012年度の国内線ターミナルの拡張では、カウンターも増設されないですかね。
それにしても2012年度になってしまいますが。
那覇空港ビルももうちょっと早く手を打ってほしかったです。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/899-914ee2af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。