上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマーク2011年株主総会議事メモ、その3です。これでようやく完結。


Q.那覇カウンター問題について、チェックインをWEBで出来るようにすればよいのでは?モノレールの駅にチェックイン機を設置するとか。
A.カウンターそのものを自動化する方針。成田から試す予定。
ただこれ自体が処理スピードに影響あるかどうかは疑問。
ゆいレールの駅にカウンター設置は申し入れたが、
ゆいレール側での管理も必要となることから、断られてしまった。
WEBチェックインは年配の方には難しい。カウンターの自動化で対応したい。

Q.燃料費やその他主な費用は?
A.燃料費は91.34億、税金が34.5億。その他リース料60億、発着、航行支援料55億。

Q.営業戦略について。JALの受け皿になると期待していたが。
A.JALの受け皿になるという認識は無い。社員は積極的に採用している。
年配の方も多いが技量も高い。

Q.海外戦略については?国交省は海外から人を連れてきてほしいようだか。
A.どこの国の政府もうちの国に来いという話をまず言う。
日本人中心の販売を考えている。

Q.安全対策については?
A.操縦士も採用後1-1.5年は地上勤務をさせている。
みんなの顔を知って自分の役割を知っていくように教育している。
長い時間をかけて風土を変えていく。

Q.A380のシート設定などは?
A.1Fはプレミアムエコノミー280席、2Fはビジネス114席で計画。
シートメーカの都合もあるので変わる可能性もある。
ビジネスは30万台、エコノミーは10万台。60%程度の搭乗率で採算が取れる。

Q.JALからの社員はどういった仕事をしているのか。
A.機長35名、副操縦士50名雇用。
客室乗務員は30名雇用したが、辞める方もあり現在は19名。
訓練中で来月から実務を行う。
その他運用管理、整備部門で20名ほど。

Q.今後の路線計画は?
A.27機まで発注済み。その多くが成田。その他は仙台や宮古。

Q.小糸製作所工業が問題を起こしていたが、問題はなかったか。
A.小糸の問題は間接的に影響を受けている。
小糸がシート事業から撤退するようで、既存のシートメーカーが好況。
仕様変更が受け入れてもらえない。

Q.A380を国内線に使うことは考えていない?
A.国内線は考えていない。国際線だと1日で1シート17万稼げる。
国内線でその水準を稼ぐためには、
1日で羽田千歳を3往復しても1便3万で売る必要あり。

Q.今期の為替と原油価格の想定は?
A.為替は1ドル82円。原油はWTIでバレル111ドル

Q.今後の計画は?
A.無制限拡大はない。多すぎず少なすぎず現在はいいポジション。
国内線は30機ぐらいで止めておきたい。その後は国際線に注力。
便数が少なくても世界中に飛ばしたい。その頃の従業員は3000名程度。

決議事項について
Q.配当10円について、記念配当という形の増配はないのか。
A.配当性向10%強は小さくない数字。現在描くビジネスモデルが2018年に完成する。
それまではこの水準を維持していきたい。

Q.役員報酬総額を1億から5億に上げるが、取締役4人で5億は多くないか。
A.すぐに5億を使い切るわけではない。1.5億程度になる予定。
他社と合併する場合も考えられ、その場合役員が増えるのでその備えでもある。
社長の報酬は現在2,400万円、来期は4,200万円にする方針。
不破さんは以前から体調不良で引き止めていたが、今回退社することとなった。
坂木さんを取締役に昇任し、上場企業として必要な取締役数4名を満たせるようにした。
むやみに取締役を増やすつもりはない。せいぜい6人程度まで。
多いと決断が遅くなる。

Q.西久保さんやせたのでは?
A.血糖値が上がってきたのでダイエットで4kgほどやせた。
グアムへの社員旅行(500人ほど参加)にすべて参加したせいで日焼けした。

<感想>
これらの質疑応答は、細かい数字以外はすべて社長が行っており、
コーヒーの話に至るまで社長が現場もよく理解していると感じました。

ちょっと気になったのは、国内線は30機までで打ち止めと明言した件。
以前は40-50機と言っていたように思いますが。
またB737の返還整備引当金は1機3億程度と、B767よりかなり安いようで安心しました。
(↑これは私も質問しようと考えていたので、質問が出てよかったです。)
また過剰なサービスをしない、という点を明確にし、
役割分担を明確化している話などは興味深かったです。


コメント

本当に面白いですね。個人的に少し不安になる点は、A380は国際線のみで国内線に出さないということとまだ増資を行うということ。一部上場のときと。国内線で使えず、増資するというのはリスクですな。

後、ポジティブなのは、合併。合併先はやはり、黒いところかなと思っている。
私も総会に出ていました。

私は合併は「表面は別ブランドだがオペレーションは完全統合」ができる北海道or宮崎だと思うのですが・・・。
まぁ、「万が一の想定」らしいので。
ああさん>
合併については、特に具体的な話があるわけではないような口調でした。
単なる役員報酬の上限を上げる口実だったのかもしれません。
もし合併があるとしたら、黒いところは機材が統一できず難しいかと思いましたが、
・A320は順次B737-800に置き換える。
・乗員はA380の訓練を行う。
・上場については、スカイとの株式交換で実質的に実現
とすればありえる話のように思えてきます。

♪さん>
総会にいらっしゃったのですね。
もし私のメモに間違い等ありましたら指摘いただけるとありがたいです。
合併がもしあるとすれば、上でも書いたように黒も結構ありかなと思いました。
スカイがA737を30機しか、調達しないという話と符合します。つまり10機をA320としてスタフラに近距離国際線を任せてしまえば分業が出来る。福岡でANAとコードシェアしなかったとか、スカイチームの地上業務を引き受けるとかを考えれば、黒しかないし、合併であれば適格合併で税務上の繰越欠損を生かせる。最高のかたちでしょうね。今年規定を変えたのは近いということではと思う。
なるほど・・・素晴らしい読みですね。
もう裏で話が進んでいるのでは?とまで思ってしまいました。
他と比べてANAの出資比率が低いのもいいですね。
株式交換で実現するようなことになれば、
手元キャッシュは残り繰延欠損金による税効果も狙えると、
財務面でもいいことずくめですし。
私が気になったのは、A380関係の資金計画です。
関係する発言を私が聞き取れた範囲で箇条書きにすると、

・A380の設備投資額として公開されているものはカタログ価格である。
・最初の6機について、半分はファイナンスリースを活用する。
・当初発表における確定4機、オプション2機の部分について、
 自己資金で賄えるという線での資金計画は順調に推移している。
・先日の増資により獲得した資金は、オプション2機の確定発注への移行、
 および、オプション注文の2機追加に係る費用へ充当する。

勘違いもあるかもしれませんが、概ね以上のような発言があったかと思います。
A380の追加発注に関しては、運航経費の管理上有効だと考えています。
結局のところ、新しい航空会社を別個に立ち上げるようなものなので、
一定の機材規模を確保しなければ、固定費に押しつぶされてしまうでしょう。
やると決めたからには、徹底的にやってほしいと思います。
一方で、そのあおりが、既存の737は30機規模との発言なのかもしれません。
たしかに、株主としても、現状のつまみ食いとも言える状況は好ましいのですが、
以前の国内線で30%のシェアを奪うとの発言からの後退は残念です。
羽田の発着枠も拡大が続きますし、神戸や中部にも増便余地は大きいでしょう。
また、近距離国際線についても、例えば、韓国LCCよりは優位にあると思います。
神戸の発着枠規制や羽田の発着枠配分、搭乗率の推移などの動向にもよりますが、
国際線の参入による利益変動の振れ幅を吸収するためにも、
早い段階で、737も50機程度への拡大は必要だし、可能であると考えています。
再編については、ANA系3社は現状でこそ、黒字経営となっていますが、
ANAからのコードシェアによる補填がないと立ち行かないかと思います。
したがって、ANAの意向が重要な意味を持つのではないでしょうか。
小糸問題の質問者ですが、小糸製作所ではなく小糸工業です。

B737の機数はスカイⅠさんのご指摘通り、昨年末は40-50機までは増やせる(すべてリース)と話していました。
このときは、B737で韓国・中国・グアムに就航する可能性もありとのことでしたが、30機で機材繰りは問題ないのか?とは感じます。
ああさんのA320が近距離国際線というシナリオになるのでしょうかね。
Shéhérazadeさん>
Shéhérazadeさんも参加されてたんですね。
コメントありがとうございます。

A380についてはカタログ価格と言う発言は、たしかにありました。
取得価格については発表する必要はない、とも。
ただ機体本体を含むA380関連の総投資価格については、
決算書に記載の通りになるのかな、と思いました。
(↑ここは推測で、はっきりとした発言ではないですが。)

またB737は30機程度で打ち止めと言う点、私も残念に思いました。
まだまだ路線は拡張余地はありそうですし、
JALを追い抜くぐらいまでは発展してほしいと思っていましたが。
国際線に重点を置くのはわかりますが、なぜ弱気になってしまったのかが不明です。
やはりどこかと合併の話があるのでは?とも思ってしまいます。

A380D>
前の方に座っておられた方ですね。
小糸のシートの問題がスカイにも影響があるとは私は全く思っていなかったので、
A380Dさんの質問から意外な話が聞けて興味深かったです。

航空機シートはたしかに小糸工業ですね。早速修正させていただきます。

30機の話は終盤に出てきたので、もう少し時間があれば突っ込んで聞きたかったですね。
12年から成田から国際線の話もあったはずでしたが、機材繰り大丈夫ですかね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/906-56d26ba5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。