上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那覇空港ビルの問題で延期となっていた那覇-宮古路線への就航ですが、
9/15からで調整中だそうです。

就航が延期となった原因についてはこちらの通りで、
株主総会でも話題となりました。
今回は1階にカウンターを設置する方針とのことですので、
スカイマーク側が折れたということになりますかね。
今後も成田から飛ばす予定もありますし、
お客さんは不便になるようですがやむを得ない措置だと思いますね。
JALが、カウンターは空いているにもかかわらず契約があるため手放さない、
という点で社長は文句を言っていましたが、
JAL側からしても強力なライバルにわざわざカウンターを渡すとは思えないですし。
行政に期待していたようですが、行政もやっぱり使えなかったようですね。

で、この1階のカウンターは2012年度末に増設されるビルが
完成するまでの暫定措置になるようです。
国際線ビルとの連結が完成する2016年までこの状態が続くのかと思っていましたが、
そこは早まったのか、空港ビルとの交換条件だったのか。。。
1年半ぐらい1階で我慢することになりますね。

いずれにしても、これで今後の那覇空港への就航、増便に支障はなくなりました。
宮古便の料金は7/15までには発表されると思いますが、どれくらいになりますかね。
大手が普通運賃18,600円、旅割で9,400円ですので、
普通運賃9,800円、前割5,800円ぐらいですかね。


コメント

2012年度末の国内線ビル増築とカウンター設置は空港会社の計画通りですね。
これは、現ターミナルを北側へ拡張とのことですから、いずれにしても、
接続部にあたるスカイマークカウンターは営業継続が難しかったと思います。
総会でもありましたが、問題になるのは、搭乗客の動線についてですね。
ミーティングルームを改修とのことで、かなり奥まったところのようですが、
1階で搭乗手続き後、そのまま、2階の出発ゲートへ進むことができれば、
現状の利便性と大して変わらないのかなと考えています。
この点で、空港会社側の譲歩が得られたかどうかが気になります。
国内線と国際線の連結部にカウンターを設置、というのが最終形態のようでしたので、
3階に設置できるのはかなり先なのかな、と思っていました。
1年半ぐらいなら我慢するのもやむを得ないですかね。
私も乗客が1F→3F→2Fと移動する必要があるのかどうかは気になります。
宮古就航の9/15にはカウンターが完成してそのあたりの状況もわかるようになるんですかね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/908-56ad977a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。