上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANAが、エアアジアと共同で成田空港を拠点とするLCCを設立するとのこと。
具体的な内容をまとめると以下の通り。

出資比率 ANA 67%、エアアジア 33%
 (無議決権株式を含めて、ANA 51%、エアアジア 49%)
資本金 50億円
2012年8月 運航開始
機材はエアバス機。2016年には30機規模。
就航路線 未定(成田-新千歳、福岡が候補)
社名 エアアジア・ジャパン

出資比率はANAが67%となっていますが、無議決権株式を含めると51%ということは、
出資額は折半ということでしょうか。ということは利益の半分は持っていかれます。
外資規制については、議決権が1/3以下ならよいということですかね。

しかしANAはピーチを設立したばかりなのに、
また別ブランドでLCCを立ち上げて大丈夫なんでしょうかね。
ピーチは関空、エアアジアは成田と住み分けは出来ていますが。
既存のANAの路線とも被るでしょうし。
最初からピーチをエアアジアと共同で設立してもよかったような・・・

また、今回のエアアジアは成田拠点とのことで、
今秋に成田就航を予定しているスカイマークと競合します。
路線もかなり被りそうで、ピーチの時よりも気になりますね。
ただスカイマークはかなりコスト削減は出来ていると思われ、
たとえエアアジアであってもスカイマークより安い運賃は
そう簡単には出してこれないと思います。
この争いがどうなるかは就航してみないとわかりませんね。
スカイマークのほうが1年早く就航するので、
その間にしっかりと顧客を掴んでおいてもらいたいですね。

また、エアアジアジャパンの設立により、
成田空港のLCCターミナル建設は進むかもしれません。
この点は好材料かもしれません。

このエアアジアの件はスカイマークにも大きく関わってきそうですので、
今後も注目しておきたいと思います。



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/916-4688bf96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。