上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANAが2011年1Qの決算を発表しておりました。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
24年3月期第1四半期 305,080 △0.6 △8,102 △14,456 △8,470
23年3月期第1四半期 306,854 14 2,981 △2,967 △5,254

やはり赤字ですが、この程度の赤字は震災の影響を考えると想定内ではないでしょうか。
国内線のみならずまだ戻りの悪い国際線も抱えているわけですし。

私の興味は、国内線、国際線の各売上と客単価ですので、
早速計算してみたいと思います。

国内線2010-1Q2011-1Q
売上(百万)143,529134,500
搭乗者数9,566,5388,164,172
客単価(円)15,00316,474
利用率61.753.6
国際線2010-1Q2011-1Q
売上(百万)64,17169,200
搭乗者数1,224,3481,273,803
客単価(円)52,41254,326
利用率76.965.7


国内線は利用者数は前年比85.3%。利用率も53.6%とかなり悪いです。
ただ客単価はかなり改善されています。
これは、比較的単価の高いビジネス需要の方が回復が大きいため、と思われます。
そのおかげで90億ほどの減収ですみました。

国際線は、提供座席数を増やしている(座席キロで25%増)ため、
売上、搭乗者数とも伸びています。
ただ25%も増やしているのにそれぞれ8%、4%の増加に留まっています。
当然利用率も下落しています。
一方、今回の需要減の場合は安売りをすれば回復するという種類のものでもないため、
客単価は下げずやや上昇していますね。

他で特筆すべき点は、貨物収入が増えている点ですね。

    2010-1Q 2011-1Q
国内貨物 7,560 7,900
国際貨物 20,023 23,600

合わせて40億ほど売上が増加。
沖縄をハブにして国際貨物に力を入れており、その効果が出ているようです。
費用対効果で利益がどの程度かは不明ですが、
売上としてはかなり助けになっているようです。

同時に今期の予想も発表しております。
売上 1,410,000 (百万)
営業利益 70,000
経常利益 36,000
純利益 20,000

営業利益は昨年を上回る予想を出しています。
震災から100%回復していない状況でこの予想は結構強気だと思いますね。
2Qの予約状況に自信があるのでしょうか。。。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/920-4bf76971
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。