上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの12月ダイヤが発表されました。

以前から発表されていた成田-那覇が2往復4便で新規就航、
また成田-旭川が1往復増便され、3往復6便となります。
那覇については予定通りなのですが、旭川の増便は予定外です。
当初は札幌便、旭川便がが2往復ずつのはずだったのですが、
12月の時点では札幌1、旭川3、となりますね。
札幌のほうが需要は見込めると思いますが・・・
新千歳の方がいい時間帯の発着枠を取れなかった、とかかもしれません。

成田-那覇便の運賃は以下の通り。カッコ内は羽田-那覇の運賃です。
※羽田-那覇は平日昼間便。週末はこれより2,000円程度高いです。

WEBバーゲン 980  (9,800)
WEB割21   5,800  (11,800)
前割10    9,800  (12,800)
前割7     10,800 (13,800:前割5)
前割3     12,800 (15,800)
普通運賃   16,800 (19,800)

羽田便と比べると、大体3,000円程度安い価格設定ですね。
週末は羽田便はさらに2,000円程度上乗せされるため、差は5,000円程度になります。
成田エクスプレス分程度はペイできる価格差なので使う価値はあると思いますが。
あとは知名度と成田空港=遠いという心象の問題ですかね。

路線計画についても更新します。

神戸-札幌 1 6月増便済
神戸-茨城 1
那覇-宮古 5 9月15日 就航済
中部-那覇 2 6月就航済
福岡-那覇 1 6月増便済 
茨城-札幌 1 6月増便済 
成田-那覇 2 2011年12月8日 ダイヤ発表済 up
成田-札幌 2 10月30日 ダイヤ発表済(1往復)
成田-福岡 2 2012年2月1日
成田-旭川 3 10月30日 ダイヤ発表済、12月より増便ダイヤ発表済 up
仙台-札幌 3 2012年3月→2012年4月 プレスリリース済  
仙台-中部 1 2012年10月 
仙台-神戸 1 2012年7月 
仙台-福岡 1 2013年2月
仙台-成田 1 2012年4月 プレスリリース済
関西-札幌 4 2012年5月 6月より4往復 プレスリリース済
関西-那覇 3 2012年5月 6月より3往復 プレスリリース済
成田-函館 
成田-出雲 
成田-高松 
成田-徳島 
成田-石垣 
-------------
2011年度  20
2012年度  14


コメント

成田旭川3便というのはなかなか注目ですね。

結局、神戸長崎が割と成功しているように、比較的価格が高止まりしている路線に経由とか成田とか不便な路線でも、格安でとにかく着けばいいという需要を取り込むことはできるのでしょう。羽田旭川を成田旭川に取り込めるかどうかというのはおおいに注目できます。

成田札幌を優先させなかったのは、機材繰りの関係ではないでしょうか。成田那覇線は割と長距離で、それを成田札幌と組み合わせ、札幌那覇線を経由でつくる。成田旭川はそれだけで1機使うということでしょう。

旭川は羽田がもうないので、旭川を採算に合わせるためには3便ぐらい必要ということにもなるでしょう。

成田那覇は成田エクスプレスを考えれば個人的にはもう少し安くした方が伸びるのではと思います。

成田はおそらく九州方面より、北海道方面を充実させていくと私は考えています。
成田旭川は、どういった結果になるか注目ですね。
おそらく予約状況から手ごたえがあっての増便なのだと思いますが。

成田那覇は、意外と価格差は小さいなという印象は受けましたが、
成田エクスプレス代は何とかペイする価格で、
またリゾート路線なのでさほど時間は気にしない人も多いと思うので、
この値段でもいいのかな、という印象です。
この値段で上手くいってくれればいいのですが。

成田~旭川は3便になったとたん、980円のバーゲンが1日たって空席がちらほら。
冬場に3本も出して正直大丈夫かな??って感じのスタートですね。

スカイマークは比較的直前に座席が埋まることが多いので、長い目で見る必要があるのでしょうか??
旭川は、新千歳経由便を2便で復活させて、成田旭川は1便でいいと思う。そして新千歳を3便にすればいい。そうすれば、地上コストとかで採算にあう最低3便を確保できる。
なんとかさん>
成田旭川、私が見たところでは980円は埋まっていましたが、
3800円は12月以降ではほぼすべて残ありですね。
成田札幌はそこまでひどくはないので、やっぱり旭川では厳しいのかな、という印象です。

スカイマークさん>
旭川は厳しい数字になりそうですね。しかも単価もかなり下がりそうで。
おっしゃるとおり札幌の方がいいでしょうね。
あまりに旭川が悪いようですと、羽田の時と同じく経由便の話が出てくるでしょうね。
費用はかかってしまいますが・・・
成田那覇の予約状況、好調ですね。しかし、成田旭川は予想通りというか厳しいです。予定では、来年2月に成田福岡が2便ですが、これだけでは機材繰り的に無駄なので、福岡神戸を2往復で復活させても面白いかもしれません。
初めまして。
成田―旭川はどのくらい搭乗率を伸ばせるか未知数の部分が多いですね。

「千歳のバックアップ機能」を持ち合わせる一方,「熊本の地上費はが羽田便で捻出できているのに対し(だから神戸―熊本を養える)のに対し,成田ー旭川自体が生命線」という危うさも持っています。

ただ,羽田ー旭川が直行時の搭乗率は決して悪くなかっただけに,SKYもしばらく粘るとは思うのですが。
旭川-成田直行便がこけた場合ですが、私は旭川から完全に撤退すると思います。
経由便では、どう逆立ちしても採算が合いませんし、将来性もありません。
千歳-旭川間の搭乗率は先月で3割弱ですが、一体いくらの増収なのかという観点では、
拠点経費どころか、直接的な運航経費すら、賄うには遠く及ばないはずです。
つまり、欠航にして、固定費だけを負担した方が損失を抑えられるのが現状でしょう。
また、トータルのコストが増加する訳ですから、運賃も割高に設定する必要があります。
結局のところ、ただ1日3便運航しさえすれば、拠点コストを回収できるのではなく、
1日3便に見合った売上が伴って、初めて採算が合うのではないでしょうか。
実際、1日5便あっても、宮古空港は採算ラインを割り込んでいることでしょう。

ところで、成田路線ですが、株主総会では、今年獲得した成田の発着枠は9つで、
旭川、千歳、福岡、那覇に2往復ずつでどれかを3往復と言う話だったかと思います。
そうなると、成田-福岡2往復に、成田-千歳の1往復増便が有力ではないでしょうか。
>Shéhérazadeさん

来年4月に仙台線を1日1往復で開設します。

ですから、成田の9枠の内訳は、
旭川:3
札幌:1
那覇:2
福岡:2
仙台:1
となると思います。

次回の枠配分で、新規路線の開設、幹線の増便が行われることでしょう。
なんとかさん>

成田-仙台便、もちろん忘れてはいないですよ。
ただ来年4月の開設ですから、今年の9枠からではないと考えています。
株主総会では、来年も今年とほぼ同等の枠を獲得できる見込みとのことでした。
成田拠点LCCの立ち上げが相次いだので、期待通り獲得できるかは不明ですが、
よもやゼロ回答ということはあり得ないのではないでしょうか。
他のLCCに先駆け、スケールメリットを享受できる体制を築いてほしいと思います。
>Shéhérazadeさん

あなたのおっしゃってることが正しく、

来年2月1日に成田ー札幌が2往復になるとのことです。

よって仙台線は来年の枠という見解になりますね。
ソース↓
スカイマーク株式会社からの混雑空港(成田国際空港)運航許可申請事案
及びPeach・Aviation株式会社からの混雑空港(関西国際空
港)運航許可申請事案に関する答申について

http://www.mlit.go.jp/common/000169010.pdf
なんとかさん>

この発表は興味深いですね。
無事、福岡便も新千歳増便も実施されそうでよかったです。
来年度の枠から、成田仙台がまず当確で、その後成田神戸や高松などの新拠点への展開ですね。
成田便も今年開設の路線は旭川が若干不安ですが他は心配はなさそうで、
本当の勝負は来年開設路線になりそうですね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/934-6dcbf517
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。