上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空各社の2011年8月の輸送実績がまとまりました。
ADOについては会社HPでの発表はないですが、こちらの記事から数字をいただきました。

2011年8月 提供座席数 搭乗者数 搭乗率 シェア 前年比
ANA 5,602,732 3,869,529 69.1% 48.43% 99.3%
JAL 4,157,570 2,928,365 70.4% 36.65% 83.7%
SKY 658,440 576,861 87.6% 7.22% 149.3%
ADO 272,912 237,979 87.2% 2.98% 111.7%
SFJ 141,422 99,962 70.7% 1.25% 104.8%
SNA 164,408 123,375 75.0% 1.54% 110.6%
IBEX 82,331 59,855 72.7% 0.75% 129.7%
ORC 30,021 20,204 67.3% 0.25% 96.8%
FDA 77,615 58,289 75.1% 0.73% 213.9%
AMX 10,452 7,473 71.5% 0.09% 91.5%
新中央 12,753 7,958 62.4% 0.10% 89.8%
合計 11,210,656 7,989,850 71.3% 100.00% 96.1%

4月から75.9%→80.0%→88.1%→91.8%と徐々に回復し、
8月は96.1%まで回復してきました。
ただお盆の実績などは前年超えしていたので、
8月全体としても前年超えかと思っていましたが。

ここでも新興各社の好調さが目立ちますね。
SFJは集計方法の変更(関空路線の集計数が自社販売分のみへ)があり、
昨年の集計方法だとこれに関空便分が乗ることになります。
スカイマークは相変わらず好調ですが、
ADOの搭乗率の高さが目を引きますね。
路線は増えていますが上手く顧客を取り入れられているようです。
決算もそれなりによい数字になりそうなので、見ものですね。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/937-c42682f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。