上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2011年11月の輸送実績が発表されました。

2011年度 2010年度
羽田-福岡 92.8% 96.2%
羽田-神戸 91.5% 87.7%
羽田-札幌 85.2% 95.2%
羽田-沖縄 88.7% 90.3%
羽田-北九州 62.8% 48.0%
羽田-熊本 84.9% 63.9%
羽田-鹿児島 90.2% 75.3%
福岡-沖縄 68.9% 81.9%
神戸-沖縄 83.6% 67.6%
神戸-茨城 69.2% 54.8%
神戸-札幌 79.3% 84.0%
神戸-長崎 73.4%
神戸-熊本 46.7% 33.8%
神戸-鹿児島 74.2% 59.3%
成田-札幌 74.0%
成田-旭川 53.2%
名古屋-札幌 55.1%
名古屋-沖縄 61.1%
茨城-札幌 51.4%
那覇-宮古 43.6%
-------------
全路線 76.3% 78.1%

全路線の搭乗者数は前年比134.8%。
羽田以外の路線比率は、成田便が増加しましたが
札幌-旭川や鹿児島-奄美がなくなったことで46.5%と0.1%の微増。

路線ごとに見てみると、
羽田路線は札幌が90%を大きく割り込んでいる点が気になりますね。
昨年より搭乗率が10%下がっていますが、
札幌-旭川の経由便がなくなった影響もあると思います。
搭乗率は低かったですが、5000人前後は札幌-旭川に搭乗していましたし。
90%超となると機会損失が大きくなるので、これぐらいがちょうどいいとも思いますが。

神戸については、熊本は依然として低調ですが、他はまずまず好調。
昨日増便が発表された茨城便も、69.2%とまずまず。

注目の成田シャトルについては、
やはり旭川は伸びないですね。
搭乗率は53.2%ですが、10%程度はタダ同然の運賃ですので、
実質43.2%ととも見ることができます。
この路線が3便増便され、さらに今後は980円もなくなり・・・ちょっと心配ですね。

他では、宮古が43.6%と低調。最安2,800円と客単価もかなり低い中でこれでは、
利益がないどころか赤字と思われます。
閑散期ではありますが、他社がどの程度の実績なのかが気になります。
成田-那覇も12月より就航しますし、回復を期待します。

全体としては、この4ヶ月前年を上回ってきた搭乗率が今月は下回ったり、
羽田路線でも90%割れが目立ったりと、
心配する必要はないと思いますがイマイチな印象ですね。

コメント

多分、旭川は成功すると思います。成田は遠いとか不便とかいわれているが、それは利用したことのないヒトがいっているだけでしょう。海外から成田をよく利用しているが、都心に出るには何の問題もない。茨城神戸、成田神戸の増便により、神戸空港の利便性が確保され、熊本、鹿児島、長崎への接続ができる。

ピーチが関西旭川、関西函館に就航するというが、これこそスカイも狙っていた路線なのではと思う。

JALの復活もあるだろうし、スタフラも羽田福岡では強敵だと思うので、そんなにイージーな時代ではない。

来年3機しか機体を増加させないのもネック。成田線はもっと早く強化した方がいいと思うのに。
ANAとJALの10月レポートが出ていました。それによると,那覇―宮古線のデータは
  搭乗者数 搭乗率
ANA 20,488 54.6
JTA 52,230 69.2
SKY 28,520 54.1
ちなみに前年は
ANA 26,194 68.8
JTA 48,241 73.4
でした。10月はまだ暑く,3連休もありましたし,土日が5回あったということで,SKYも54.1%叩き出せたのかもしれません。

羽田ー千歳は,旭川の利用者が成田便へ流れたのが大きいように思います。実際成田便も合わせると,羽田・成田ー千歳・旭川の搭乗者数は昨年より増えているわけですし。

成田線,那覇ー宮古とも需要が供給に追い付いてくるまで耐えどころではないでしょうか。


それより心配なのはセントレアですね。亜幹線でこの搭乗率はまずいかと。。。
成田ー旭川についてはメインが観光客になるので、やはり旭山動物園の休園日があると、伸び悩みますね。
12,1月は年末年始補正がかかるので、2月に11月より搭乗率が向上するのか見ものですね。
でも1年程度は様子見で夏場に伸びるのを待つのでしょうか。

羽田ー千歳はWAYさんのおっしゃる通りだと思いますが、成田ー千歳も時間帯が悪い中で74%ですから、羽田利用者が流れたのでしょうね。
羽田ー札幌、神戸、福岡、那覇線は飽和状態にありますので、ある程度は成田線に流れても全く問題ないと思います。

成田の幹線はさほど心配しなくてもすぐに軌道に乗りそうです。

私もセントレアは心配ですね。
名古屋圏の航空需要が低下してるのは、大手2社の動きを見ても明らかですし。
羽田新千歳は経由便が無くなった以外にも、深夜便が押し下げている部分もあると思います。

更に言うと、たとえば羽田鹿児島などがいきなり軌道に乗ること自体がおかしい(どちらかというと航空業界のあり方という方向性)と思っているぐらいです。
私が思うにしばらくは採算分岐ぎりぎりのところで十分なのです。

そういう意味では、成田旭川・神戸熊本・宮古・セントレアもそう不安視はしていません。

特に羽田枠配分のポイント加算に地方間路線数がありますので、神戸熊本は採算分岐に乗るぐらいで問題無く、長い目で見れば短期で収益を上げる休止→別の九州便の増便をしない方が良い(1ポイント減るから)と考えています。
羽田-札幌ですが、昨年のダイヤでは、羽田始発8:35でした。
今年は羽田発6時台の便が2便になり、千歳発の深夜便も増便されたことを考えると、
搭乗者数では、前年を上回っていますし、あまり心配は要らないのではないでしょうか。
6時台の便や深夜便は季節的な需要変動の影響を受けやすいのかもしれません。
中部路線についても、7時台の出発、22時台の到着は厳しいものと思います。
日中時間帯の便数が多ければ、もう少し搭乗率も上がるのでしょうが、
機材の運用効率を考えると、微妙なところなのでしょう。
また、宮古路線は、格安運賃のインパクトが薄れてきたのかもしれません。
今の我慢比べのような状況から、脱却を図る必要があるのではないでしょうか。
一方で、九州路線の好調ぶりは非常に頼もしいと感じています。
羽田-熊本、鹿児島は確実に利益を生み出しているでしょうし、
神戸発着路線も着実に搭乗率が上がってきています。
神戸-長崎は経由便利用客を除いても、60%程度は埋まっているのではないでしょうか。
ああさん>
スカイも関西旭川は考えていると思いますが、関空のポテンシャルが疑問ですね。
神戸旭川なら成功しそうですが。
また機材が来期はあまり増えない上に就航計画はかなり出ているので、
この路線就航は早くても2013年度。
成田の他の路線もそうですが、もっと増やしてもいいと思いますがね。

WAYさん>
データありがとうございます。
10月はJTAとはちょっと差はありますが、ANAとは近い数字、
11月も同様とすると、ANAも50%割れかもしれませんね。
JTAも大幅に値下げしてこの数字では苦しいでしょうし、
本当に我慢比べになっちゃってますね。


なんとかさん>
羽田札幌の搭乗率については、羽田利用者が成田に流れたとすれば、
それはスカイの狙い通り誘導できた、ということですのでむしろ歓迎すべきなのかもしれません。
セントレアは存在感が全然ない、地味な数字ですね。
着陸料が安いわけでもないですし、就航している意味にも疑問が出てきますね。
当初はセントレアから国際線を考えているものと思っていましたが。。。

名無しさん>
羽田鹿児島があっさり高搭乗率になったのは、私も驚きました。
鹿児島は以前に就航していて知名度があるため、
という理由も付きますが、熊本にはその説明は出来ませんし。
あまり焦らず長い目で見ていくべきですね。


Shéhérazadeさん>
たしかに羽田札幌の朝一の便は空席ありの○が多いですね。
深夜着便もありますし、また成田札幌も運航開始された点も考慮すると、85.2%は当然の結果ですね。
神戸から九州の各路線は、だいぶ定着してきたようですね。
熊本にしてもあと一歩だと思いますので、
来年の今頃は60%ぐらいは記録してくれるのでは、と思っています。
九州は宮崎など他の路線でも需要はありそうですので、
神戸枠は本当に拡張してほしいです。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/958-6338352c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。