上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那覇-石垣路線の航空運賃値下げ活動に対する署名が、
年内に3万人を突破しそうだ、とのことです。

スカイマークが那覇-宮古に就航して航空運賃が大幅に下がりましたが、
石垣路線は従来の高止まりのままであり、その影響で石垣に人が集まらず、
観光産業が打撃を受けているそうです。
そこで那覇-石垣についても値下げしろ、との署名です。

これは署名される皆さんの気持ちはわかりますが、実現は難しいでしょうね。
宮古路線で利益が出なくなった穴埋めに、石垣を値上げすることはあるかもしれませんが。
2013年の新石垣空港完成と、スカイマークの就航を待つしかないでしょうね。

大城会長は「新空港開港を待たずに、LCC(運賃の安い航空便を運営するローコストキャリア)を
引っ張ってきてもいいのではないか。航空運賃を下げるため、あらゆる行動をしたい」と話した。


会長は上のように話しているそうですが、
現在の石垣空港に着陸できる機材を運航するLCCは、
今後就航するLCCを含めても無いですし、実現性はゼロに近いですね。

ところでこの那覇-宮古路線の2011年11月の実績はどうなっているのか、
現在ある情報で予測してみたいと思います。

前年実績 2010年 
ANA 21,300 36,796 57.9%
JAL 46,064 65,092 70.8%

2011年11月は、ANAは利用率13.3%減
10月はJAL(JTA)の搭乗率は73.4%→69.2%だったので、11月も前年比4%減と仮定。
提供座席数は前年と同じと仮定。

ANA 16,411 36,769 44.6%
JAL 43,481 65,092 66.8%
SKY 22,998 52,746 43.6%
------------------------
計 82,890 154,634 53.6% 搭乗者数前年比123%(+15,526人)

色々仮定を含みますが、大体こんな感じかと思います。
ちなみに10月は33%増だったようです。
この数字は、昨年に比べ台風がなかった影響もあるそうですので、
需要喚起は20-30%程度ですかね。
ただ単価は半額以下になっていると思われますので、
売上は大幅減で、ANA、JTAにとっては厳しいですね。


コメント

ある石垣市議がSKYの沖縄支店長に聞いたことによると、
・宮古線はまだ黒字にはなっていない。
・就航前の計画でイメージしていた形になっている。
とのこと。

SKYの宮古線は、2012年8月に成田で始まるエアアジアやジェットスターとの
競争の為の情報集めが目的だったのではないかと思う。

エアアジア・ジャパンはエアアジアの
ジェットスター・ジャパンはジェットスターのやり方でやるとはいえ、
両社ともに親会社のANAやJALが口出しをするのではないか。

宮古線で価格競争を仕掛けてANAとJALの出方をみれば、
成田での競争で有利に進むと考えているのではと思う。
fさん>
この署名と関連するものと思いますが、
石垣市観光協会はスカイマークに早期乗り入れを要請するようですね。
B737-800しかないスカイには、
B737-400でもギリギリの石垣空港はどうがんばっても無理なので、答えは見えてますが。

ピーチにしてもエアアジア、ジェットスターにしても、親会社は口を出すでしょうね。
逆に口を出している間はスカイは安泰です。
完全に口を出さないとしたら脅威ですが、
スカイの前に親会社がつぶれるでしょうね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/964-d620b669
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。