上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと遅くなりましたが、航空各社の2011年10月の輸送実績です。

2011年10月 提供座席数 搭乗者数 搭乗率 シェア 前年比
ANA 5,327,767 3,533,410 66.3% 47.75% 97.7%
JAL 3,979,048 2,767,732 69.6% 37.41% 91.0%
SKY 700,556 552,886 78.9% 7.47% 144.7%
ADO 260,953 210,850 80.8% 2.85% 105.4%
SFJ 132,523 94,361 71.2% 1.28% 107.5%
SNA 160,488 103,638 64.6% 1.40% 106.6%
IBEX 75,306 56,781 75.4% 0.77% 120.5%
ORC 28,462 14,971 52.6% 0.20% 109.8%
FDA 75,769 53,872 71.1% 0.73% 216.5%
AMX 11,320 5,739 50.7% 0.08% 104.0%
新中央 7,939 4,819 60.7% 0.07% 104.2%
合計 10,760,131 7,399,059 68.8% 100.00% 98.4%

SNAの発表が四半期毎になったので、なかなか出揃いませんでした。
(と言っても1月末には発表されていましたが。)

全体で98.4%と前年比マイナス1.6%。
SFJの座席数、搭乗者数の計上方法が変更(SFJ販売分のみ計上)となっているため、
さらに減少幅は縮まります。ほぼ前年並みに戻ったと見てよさそうですね。
また、全体の傾向として大手がシェアを減らして新興がシェアを伸ばす傾向は続いていますね。
このところ好調なのはADOで、搭乗率80%以上が続いています。
このまま続けば決算も好数字が期待できますし、
ANAとのコードシェア割合を減らすことができれば、
さらなる利益を出せるようになるかもしれません。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/979-c2f9ac1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。