上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きまして、2011年11月の各社輸送実績です。


2011年11月 提供座席数 搭乗者数 搭乗率 シェア 前年比
ANA 4,949,219 3,214,613 65.0% 47.25% 94.2%
JAL 3,881,438 2,574,655 66.3% 37.84% 95.7%
SKY 679,326 518,281 76.3% 7.62% 134.8%
ADO 250,504 178,108 71.1% 2.62% 105.0%
SFJ 135,565 90,856 67.0% 1.34% 106.6%
SNA 156,518 100,037 63.9% 1.47% 100.1%
IBEX 75,869 58,040 76.5% 0.85% 131.3%
ORC 25,993 14,452 55.6% 0.21% 94.6%
FDA 65,176 44,385 68.1% 0.65% 155.3%
AMX 10,970 5,551 50.6% 0.08% 146.3%
新中央 7,216 4,582 63.5% 0.07% 85.2%
合計 10,237,794 6,803,560 66.5% 100.00% 98.0%

搭乗者数前年比は98%とほぼ前年並み。
やはり大手から新興への流れは継続していますが、
JALの搭乗者数の減少幅がだいぶ小さくなってきました。
そろそろ路線整理の影響もなくなり、これからは増加に転じてくるかもしれません。

最近搭乗率が好調なエアドゥでしたが、今月は71.1%と振るわず。
やはり北海道中心のエアドゥは夏場に他社に比べて大きな山が来て、
冬場は低迷するという傾向があるようです。
昨年も12,1,2月は60%台ですし。

スカイマークは前年比134.8%とやや減速。
ですがこれからの路線増加はそれほど多くないので、
徐々に前年比は落ち着いてくるでしょうね。
来年度でシェア10%程度になりそうです。


コメント

個人的には成田線の就航が搭乗率にどう影響してくるかが楽しみです。1年が経過した後の搭乗率は羽田とさほど変わらないという結果になると期待しています。価格は成田は当然低くなるのでしょうが、それでも利用者が増えるということはよいこと。低価格なら利用したいという需要に応えるとき、それは新たなる付加価値を創出したといってよいから。
A333を6機導入みたいですね。エアアジアジャパンが来年からA330を7機導入するので、それへの対抗でしょうか?

キャッシュは大丈夫なのかな?

それと、ジェットスタージャパンの就航開始日が7/3になるみたいです。
エアアジアジャパンは8/1なので、今夏の成田は戦争ですね。

A330が仮に成田に配属され、ジェットスタージャパンが検討しているA330導入が現実になると、成田中距離も面白くなるのですが、どうなることやら。
ああさん>
成田は福岡線はかなり好調そうですし、
浸透すれば他の路線も高搭乗率は出せそうですね。
ただ、他社もほぼ同じ路線に就航してくるので、
共倒れにならないようにしてもらいたいです。

なんとかさん>
今回のA330についてはどういう意図かまだわかりませんが、
ちょうどB737の返却がありますので、
国内幹線にも使って来るように思います。

A330での中距離国際線のLCC争い、
スカイのコスト体質であれば対抗は可能と思いますが、どうなりますかね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/980-1e43cbd5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。