上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークが、2014年度よりA330-300型機を6機導入する方針、とのことです。

A330-300は座席数300前後、航続距離は11,100km(wikiでは10,400km)であり、
中長距離路線に対応可能な機材です。
ボーイングでいえばB777、B787あたりが対抗であり、大型の部類に入る機材です。

スカイマークの大型機材と言えばA380であり、
2014年より6機までは導入が確定しています。
それに加えて今回のA330を6機。どのように使い分けていくのか興味深いところです。
近距離国際線はすでにLCC各社で熾烈な競争が行われており、
社長も近距離国際線への参入は否定的でした。
普通に考えれば、まだLCCの参入の少ない中距離の国際線ですが、
2014年と言うと現在運航中のB737のリースが切れる時期ですので、
それと入れ替えて国内幹線に導入するのかもしれません。

国内幹線に導入するとした場合、集客は問題ないと思いますが、
また国内線が2機種体制に戻ってしまいます。
以前B767を返却してB737に統一してコスト削減を行い、
それが今のスカイマークのコスト体質の基礎となっていると考えていますが、
2機体制になるとコスト増になるでしょうし、
機材繰りも難しくなり運航効率も落ちる可能性もあります。

国際線に導入する場合は、
ライバルのエアアジアジャパンはA330の導入を決めていますし、
ジェットスターについても、
ジャパンは不明ですが親会社がA330で成田、関空に就航しています。
これらと真っ向勝負になりますね。
同じ路線にぶつけるのか、違う路線に就航するのか・・・
中距離路線はまだまだ選べば色々路線は考えられるので、
他社のの動向はさほど問題にはならないかとは思いますが。

あとは費用の問題ですね。
現金で購入するのか、リース契約なのか。
現金だとするとカタログ価格は2.22億ドル。160億円程度。
B737と入れ替えでリース契約であれば、資金面の問題はないと思いますが、
A380をキャッシュで購入しているように、今回も現金で購入しそう・・・
そうなると今はA380購入の現金で精一杯だと思うので、
A330用のキャッシュは不足する、となると増資懸念がまた出てきます。
一部鞍替えの時に増資は行うでしょうが、
今の株価では調達資金も少なくなってしまいますし、やってほしくないですね。

A380よりは国内線、国際線に柔軟に使えるため、
運用面での懸念はないですが、
やはり機材の種類増加によるコスト増と、資金調達方法が心配ですね。
どういうシートアレンジになるのか、
それによって運用のイメージがつかめると思いますので、
それを知りたいところですね。

コメント

変な話だと思いますが、

やはりボーイング738 1機種統一が間違っていましたとの表明と思います。

結局、羽田福岡や羽田札幌路線においてシェアを伸ばしていくためには大型機投入が絶対必要。177名が280名程度になるだけで、売上は1.6倍になります。

2014年以降の展開をスピーディに進めるためには機材をそろそろ決める段階にあった。

ただ、心配なのは、2014年に集中しすぎるので大丈夫かという気はします。

幹線は全線大型機の運用を目指すという気がします。

それで稼いだ原資をA380購入に充てる。そしてLCCとの競争に充てる。そんなイメージではないでしょうか?
主たる理由はああさんとも重なりますが,

○B738では幹線の需要が拾いきれていない。
(千歳・那覇便はもちろんのこと,特に福岡線は異常な?高搭乗率が続いています。成田便の就航や,
羽田線客単価UPだけでは限界があるため,次の対策を打つ必要に迫られたのではないか。)
○B787の導入も検討されたが,今発注したのではいつ納品されるか分からない。
○A380を導入するということで,A330についてもエアバス社から有利な条件を引き出せた。

になるのではないかと。もちろん,多機種になること・パイロットの手配育成に伴うコスト増や,他のことも踏まえた上で,A330を導入する方が総合的にメリットがあると判断されたのではないでしょうか。
私も発注確定の6機を羽田ー札幌、沖縄、福岡、神戸のドル箱路線に投入すると思います。
機材大型化で、明らかにとりこぼしている客の獲得、2クラス制にすること(おそらく)で大手の上級クラスの客を奪うことも視野に入れたのかもしれません。
JAL,ANAの収益基盤となっている幹線の牙城を崩しにかかるはずです。
これによって、成田、関空での熾烈なLCCとのバトルを戦う資金を稼げるメリットも生まれます。
またこれによって浮いた738を新路線の開拓に回すこともできます。
スカイマークとしても、1機種に絞る時代は終わりで、これからは需要にあった機材を投入する柔軟な経営に変えていくのでしょう。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/981-d62f9364
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。