上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2012年1月の輸送実績が発表されました。
各路線の搭乗率は下記の通りです。

2011年度 2010年度
羽田-福岡 93.1% 93.5%
羽田-神戸 81.4% 85.2%
羽田-札幌 86.1% 91.5%
羽田-沖縄 79.1% 84.8%
羽田-北九州 56.7% 64.4%
羽田-熊本 73.2% 73.8%
羽田-鹿児島 81.2% 81.9%
福岡-沖縄 67.5% 73.3%
神戸-沖縄 74.6% 68.8%
神戸-茨城 60.6% 50.0%
神戸-札幌 75.1% 81.0%
神戸-長崎 66.0% 54.1%
神戸-熊本 41.4% 36.7%
神戸-鹿児島 61.5% 58.7%
成田-札幌 81.5%
成田-旭川 58.0%
成田-沖縄 63.3%
名古屋-札幌 65.9%
名古屋-沖縄 61.5%
茨城-札幌 50.6%
那覇-宮古 34.7%
-------------
全路線 71.9% 75.6%


全路線での搭乗者数は前年比124.7%。羽田以外の便数は45.6%。
路線数が大幅に増えているとはいえ、
前年との搭乗率の差が3.7%とやや大きくなってしまいました。

今回の発表でよかった点は、
・成田-札幌は好調。
・心配の成田-旭川もまずまず(だが、10%は980円でかさ上げ)

不安な点は、
・福岡以外の幹線が弱い。
・神戸-熊本、那覇-宮古は相変わらず。

成田路線は、就航した直後でこれだけの数字を出せていれば、
いい滑り出しとみてよいと思います。
3往復の旭川も1月で58%なら、夏場に向けて期待は出来ますね。
ただ10%は980円で売っていますので、実質50%弱と見るべきですが。

羽田福岡は相変わらず飽和状態ですが、札幌や沖縄はスカイとしてはイマイチですね。
ただ札幌は全18便中深夜早朝便が3便(前年は0)となっていることや、
旭川が札幌経由便だったことなど、考慮すべき点もあります。
那覇についてはダイヤはほぼ変わっていませんが、
羽田3.5往復の運航に対し成田から2往復が加わりました。
この影響は受けているでしょうね。

神戸-熊本は相変わらずダメですね。
これは減便されるのでまあいいですが、那覇-宮古はの34.7%は非常に厳しい。
客単価もせいぜい4,000円のところでこれだと、かなり赤字になっているでしょうね。
夏場とはいえ9往復にしてしまって大丈夫なのか、心配になります。
この路線の他社の状況も気になりますね。おそらくよくないものと思いますが。


コメント

成田ー旭川、札幌は2月から980円がなくなり、かつ札幌は増便されるので、そこで搭乗率がどうなるのか気になりますね。

那覇線はキャンプ需要がどう反映されるか興味がありますし、福岡線はいきなり高い搭乗率が出てくるかがポイントでしょうか。

心配なのは、那覇ー宮古、中部2路線、茨城2路線でしょうか。

那覇ー宮古はついに3割台突入ですか・・・
今までのスカイなら廃止、減便対象になりますね。
夏場9往復は本当に大丈夫でしょうか?
1往復位成田ー宮古でも開設して、テコ入れしたほうがよさそうな。

中部は伸びてきませんね。
那覇線は成田に抜かれ、札幌線も好調とは言えず。

茨城は、札幌線に関しては、成田に流れてますね。
2月から持ち直すか注目です。
いくつか気になる路線について一言。

羽田―神戸
大震災の影響を除くと,ここまで搭乗率が低いのは2010年1月以来となります。なぜここまで下がってしまったんでしょう…

茨城―札幌
11月以降成田ー札幌の影響をまともに受けてしまいましたが,2往復中1往復が空気輸送となりかねないダイヤの中で,3か月50%越えと何とか耐えきったのではないでしょうか。

那覇―宮古
オフシーズンで仕方ないとは割り切れない数値ですね。ANA12月は43.3%とSKYと痛み分けをしています(JTA12月は67.4%と健闘)。ほぼ一機を貼り付けにして,他の路線の影響を受けにくいダイヤにしていますが,経由便の設定も考える時期に来ているように思います。特に夏季増便するなら,羽田成田中部神戸関西福岡から経由便を1便ずつ出すぐらいしないと,搭乗率が夏とはいえ悲惨なものになってしまいそう。。。

中部ー札幌,那覇
2機ナイトステイさせている割には,その成果が??です。ただ,両路線とも11・12月よりは伸びています。中京圏の需要の薄さに加え,名古屋は名鉄=ANAの関係が強いので,営業・宣伝が思うようにできていなのかも。(名鉄観光スカイマークツアーサイトでもなぜか中部発着便だけ扱っていない)

全体を通じて
定時出発率が8月以降8割を切っています。顧客の満足度を上げるためにも,再度足元から固めていく必要があるのではないでしょうか。
まだ、就航してあまり立っていない路線なので仕方ないところもあるでしょう。来年には平均75%ぐらいになるのではと楽観している。結局、スカイの場合、拡大・拡大で来ているので、搭乗率は大分下がってしまう。
下方修正の最大の要因は1月の搭乗実績の失速だと思います。
3Qの業績をもって、4Qの業績を語るのは些か注意が必要ではないでしょうか。
3Qの場合、閑散期ですので、地方路線などは赤字になるのも仕方ありません。
しかし、4Q、特に3月に向けて、地方路線も収益貢献を期待するべきでしょう。
さて、1月の搭乗率が伸びなかった原因ですが、やはり値上げだと思います。
特に、羽田-神戸などは、新幹線にかなり流れたはずです。
もしかすると、単月では、赤字に陥っているのかもしれません。
神戸-成田の惨憺たる結果を暗示している可能性はかなり高いと思います。
羽田-札幌は深夜便の影響なので、むしろ値上げをこなして伸びたというべきでしょう。
他の路線では、羽田-熊本、鹿児島などもやはり苦戦している印象ですね。
今回の値上げ自体は、燃料費高騰の影響も強いと思います。
来期も増益を達成するためには、コスト増は運賃に転嫁せざるを得ません。
値上げと搭乗者減の見合いで増収を達成できているのかがポイントだと思います。
少なくとも、1月については、見込みほどの増収効果がなかったということでしょう。
経由便を含んでいるにも関わらず、羽田神戸線の伸びが鈍化しているのは景気悪化もありますが、値上げの影響も大きそうですね…。
スカイマークとしては客単価を上げたいが、旅客は10000円前後の運賃でないとメリットが見いだせない、何とも難しいところです。自分もよく使うので最近の運賃は少し高めに感じてしまいます。

関空羽田線も神戸線の一番需要のある時間帯を減便してまで開設しますが、普通運賃は14800円…。不安でなりません。。。
なんとかさん>
札幌の増便は問題ないと思いますが、
旭川は980円がなくなった分がそのまま搭乗率に影響しそうですね。
50%切ってしまうかも。
那覇-宮古の夏場9便は非常に心配です。
せっかくの繁忙期に2機張り付かせてしまうのはもったいないですね。
夏場ならどこかから直行便を飛ばしてもおもしろいと思いますが。

WAYさん>
やはり宮古は気になりますね。
夏場なら直行便で飛ばしても十分乗客はいると思いますが。
ただツアーが多そうなので所要時間の割に客単価が低くなってしまう懸念はありますが。
テコ入れ策のメインはやはり経由便設定ですかね。

ああさん>
かなり地方路線が増えているので搭乗率が下がるのはやむを得ないですが、
那覇-宮古など席数が多いわりに搭乗率の悪い路線を抱えている中でこの数字なので、
まあ想定内でしょうね。

Shéhérazadeさん>
神戸-羽田は新幹線より安い運賃に設定すべきでしょうね。
新幹線に比べると飛行機は面倒ですし、所要時間もほとんど変わらないですし。
成田も1万そこそこで出せば需要はあると思いますが、
儲けは減ってしまいますし・・・難しいところです。

aoyamaさん>
私も以前羽田-神戸を使用した時も1万円でした。
1万円なら喜んで使いますが、長崎への経由便としても売りたいでしょうから、
むやみに安売りは出来ないですし。
関空羽田の14,800円は普通運賃で乗る人はいるんでしょうかね。
SFJは20,870円となっていましたが、売れるとは思えないです。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/983-bf714a30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。