上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日発表されたスカイマークのA330-300導入について
社長がインタビューに答えており、投入する路線は国内幹線とのことです。
また座席については2クラスとし、プレミアムエコノミー89席、エコノミー242席で、
合計331席の構成にするそうです。

やはり国内幹線でしたか。
国内幹線への投入であれば、社長が機材数を増やしていくことに否定的であり、
近距離国際線での価格競争にも乗り気でないことと合致します。
これからは幹線にA330を投入、
座席数が大幅に増加するため各路線1便ずつ程度減便し、
羽田枠をあけて新たな路線に就航、というストーリーでしょうね。
特に羽田の発着枠が空かない以上、大型化で対応するのは自然な流れですが、
機材の統一でコストを削減して利益を上げてきたので、その点は心配です。
しかし羽田-福岡は常に90%以上の搭乗率と、完全に飽和状態。
大型化しても十分な搭乗率が得られると思います。

ところで331席のA330-300ですが、各社のシートマップを見てもなかなかないですね。
調べたシートマップが国際線のものということはあると思いますが、
各社300席前後となっています。
そんな中エアアジアXは377席とスカイマークを上回る席数、
この秘密は3-3-3の9アブレストを採用しているためです。
エアアジアXはフラットベッドシートが12席、エコノミーが365席という構成。
このエアアジアXのシートマップをベースに、
フラットベッドシート12席(6席×2列)をPY21席(7席×3列)に置き換え、
エコノミー36席(9席×4列)をPY21席(7席×3列)の割合で置き換えると、
PY 21+21×3=84
Y 365-36×3=257
と、スカイの構成に近くなりました。
おそらくスカイも9アブレストの構成であると思われます。

スカイの幹線は飽和状態なのですぐにでも導入してほしいですが、
2014年からとしたのは、今から手配しても2014年よりも前の導入は不可なのか、
既存のB737の返却が2014年からだからなのか、
A380向けの訓練でA330も(ほぼ)同時に免許を取得できるためなのか・・・
たまたま2014年に重なっただけなのかもしれませんが、
2014年は期待も不安も大きな年になりそうですね。


コメント

スカイマークは、近距離国際線はエアアジアなどの外国航空会社には勝てない、あるいは差別化できないとみているので、国内レガシーとの競争に注力しているのでしょう。

ただ、スカイの機種選定はこれまで間違えで738ではなくやはり767をキープしつづけるあるいは中型機・大型機を確保しておけばよかったと思う。

なぜかといえば、スカイは羽田を値上げしようとしたが、結局うまくいっていない。スカイは大量輸送型での、多種な料金設定の方がよりキャッシュフローを最大化できる。

結果論といえるかもしれないが、私はかねてからスカイの1機種選定は素人ながら疑問でしたが、どうやらそのほころびが出たように思う。でも、これは直前までボーイング787に期待していたのかもしれない。
aaさん>
スカイのB737統一と、普通運賃を値下げして搭乗率が向上したのとが
同じタイミングだったため、どちらの効果が大きいのか曖昧になってますね。
B767がある時点で普通運賃の値下げをためしてみればよかったと思います。

機材の大型化でもB737-900であればリスクは小ですが、
A330は勝負に出た感はありますね。
-900がもう少し大きければよかったんでしょうけど。
737の機体サイズだからこそ、運賃を引き下げられたと考えるべきではないでしょうか。
737への統一で繁忙期に客を取りこぼす一方、閑散期の空席リスクは極小化できました。
これにより、空席リスクが低くなった分を運賃に還元する好循環が生まれたと思います。
実際、先月の羽田-鹿児島を767で運航していたら、搭乗率は6割程度だったでしょう。
当然、今ほどの価格競争力もなかったであろう事は明らかです。
羽田-福岡でさえ、8月、3月以外は767運航時からの乗客減は1割程度にすぎません。
現時点において、どれだけ需要を取り逃しているかわかりませんが、
330が成功するためには、5、6割の乗客増は必要となってくるはずです。
かなり野心的な計画ですが、充分な実現性を期待できるものだと思います。
なお、シート配置についてですが、
大手も国内線用の777は10アブレストの詰め込み仕様なので、
仮に9アブレストになったとしても、問題はないかもしれませんね。
また、大きな機材ほど、ユニットコストは低めに抑えられるでしょうし、
複数機材だからコストが膨らむということでもないと思います。
Shéhérazadeさん>
767を運航していた当時は、今ほどの知名度はなかったと思いますし、
価格も中途半端だったように思います。
あの当時としては小型化は正解だったと思いますが、
普通運賃19,800円をもうちょっと早くやってみてほしかったという思いはあります。
A330はB737の倍近い座席数があり埋めるのはそう簡単ではないでしょうが、
価格も安く出来ると思われますし、
何とか高搭乗率を出してほしいですね。
導入が2014年になるのは 凄いですよ。今 バックオーダーが大量にあり、通常なら2016年頃になります。飛行機なんて 発注して すぐ作れば翌年には受領できますが、売れてる機種は かなり時間がかかります。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/985-5bdf8a54
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。