上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の本格的LCCと銘打って、ピーチが3/1に運航を開始しました。
世間の注目度も高いのかどうかはよくわかりませんが、
各種メディアでも大々的に取り扱われました。

ピーチ関連で、気になった記事をまとめておきたいと思います。

まず搭乗率について。こちらに新千歳発便の搭乗者数の記載がありました。
早い順に163、135、116人だった、とのこと。
合計414人で、提供座席数が540人ですので、搭乗率は76.6%ですね。
これがずっと続くのであればまずまずと言ったところですが、
どれだけ続きますかね。
しかも1割程度は250円で売っているはずなので、実質66.6%とみるべきかもしれません。
これから知名度をいかに稼ぐかが焦点ですね。

次に遅れについて。やはり1時間程度の遅れが出たとのこと。
自動チェックイン機のトラブルのためとのことで、予備機も動員したようです。
月末からは予備機もなくなるはずなので、そうなるとさらに遅延が増えそうです。
ただ本日の関空の出発便を見ると、今日は大きな遅れはなかったようです。
乗客が減ったため?なのかもしれませんが。
07:00 06:56 札 幌 Peach MM0101
07:20 07:20 福 岡 Peach MM0151
10:50 10:55 福 岡 Peach MM0153
12:20 12:23 札 幌 Peach MM0105
14:25 14:32 札 幌 Peach MM0107
17:25 17:48 福 岡 Peach MM0157
19:45 19:59 福 岡 Peach MM0159

座席については、やはり狭いという話は多いですね。
175センチの人で膝が前の席に付く、とかはちょっとつらいかもしれません。
それが4時間かかる国際線である場合、日本人に受け入れられるかどうか。
まあここはやってみないとわからないですが。

他では、ピーチの機内で南海の切符を約1割引で販売するそうです。
実際には機内で引換券が渡されるそうですが。
お金は機内で払うとなるとCAの手間は増えますが、
試みとしてはおもしろいと思いますね。
あと、機内食が最終便では40%引きで売られている、とか。

2月末から昨日にかけて、かなりメディアでも取り上げられましたが、
ここは知名度がまだまだない点と、
関空がメインである点でジェットスターとエアアジアより厳しいと思います。
関空の着陸料はほぼ無料なのかと思いますが、
客単価もそれほど高くはならなさそうですし、搭乗率もせいぜい70%程度でしょうし。
ピーチも注目は必要ですが、やはり成田に就航する2社の方が気になりますね。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/991-5c383514
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。