上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターフライヤーが7/12より国際定期便となる北九州-釜山線に就航するそうです。

スカイマークは先を越されてしまいましたが・・・
便数は1日2往復で、ダイヤは以下の通り。

301 北九州09:00 発→ 釜山09:50 着
303 北九州18:20 発→ 釜山19:10 着

302 釜山10:45 発→ 北九州11:30 着
304 釜山20:05 発→ 北九州20:50 着

午前と午後に1往復ずつなので、使いやすい便ではあります。

どの程度の需要があり、運賃がどの程度になるかですが、
福岡からの釜山便を参考に見てみると、
大韓航空が2往復、アシアナ、エアプサンが1往復ずつ運航しています。
その中で、エアプサンが福岡-釜山便の搭乗率を発表していました。

それによると、2012年2月は83.6%となかなかの搭乗率。
エアプサンの運航は1往復で、機材はB737-400で162席。
スターフライヤーより少し多い程度ですね。
ただ運賃は、往復で9,800円で販売していたりと、かなり客単価は安そうです。
運航距離が140マイルと短く、所要時間も50分しかかからないため、
この程度の単価でも利益は出るのかもしれませんが。

北九州という立地がどうか、という面はありますが、
2往復程度でエアプサン程度の価格で提供できれば、
ある程度の需要はあるのではないか、と思います。
スカイマークも北九州を増便する予定になっていますし、
スタフラの釜山便への乗り継ぎ需要で若干でも底上げがあればいいのですが。

次はどういった運賃が出てくるかですね。最安3,800円ぐらいですかね。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/995-6c185692
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。