上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーチが、5/8より就航する関西-ソウル便の運賃を発表いたしました。

具体的な運賃は、
キャンペーン運賃 2,500円
ハッピーピーチ 5,280円-23,980円
ハッピーピーチプラス 7,080円-30,280円
このほかに必要な料金は空港使用料等および支払手数料(210円)
燃料サーチャージは徴収せず。

サーチャージ(片道)は、5月発券だと
ANAJALだと2,200円、アシアナ、大韓航空は2,500円。
済州航空は5月分は未定ですが、4月分で2,200円。

またこの路線の運航便数は、現在は全体で10往復。
ピーチは5/8から1往復で開始し、7月からは3往復となります。

ネットで検索してみたところ、往復10,000-15,000円程度で見つけることは出来ます。
済州航空で5月の平日だとすべて込みで2万強ぐらいですね。

以上から考えると、最安運賃はたしかに安いかもしれませんが、
済州航空は手荷物無料ですし、プラスの方で比べるとそれでも安くないですね。
飛行マイル数は511なので、関空-新千歳の668より短く、
着陸料も安いはずなので運賃も関空-新千歳便程度にはできると思いますが。

まずは済州航空がライバルになるかと思いますが、
日本の会社というアドバンテージがあるとしても、
片道10,000円ぐらいでは売らないとなかなか厳しそうな感じです。
変動運賃なので詳細は不明ですが、
どれくらいの運賃で売ってきますかね。
7月からは3往復と提供座席数がかなり増加しますので、
それまでに定着させたいところですので、
安くても多く裁きたいと思っているのではないかと思いますが。

考えてみると、海外LCCとのガチンコ対決はこの路線が初めてですね。
どういう結果になりますか。。。


コメント

日本のLCCと海外のLCCの違いはなんでしょうか。やはり国内系の安心感なのでしょうか。でも国内系というだけの価値はいまやあまりない気もします。
ああさん>
機内で日本語が通じるとかその程度の差しかないでしょうけど、
日本人はそれを重視する人も多そうですね。
そういう意味では自国のキャリアであることの強みは他の国より大きいのかもしれません。
となると意外と成功するのかもしれません。


コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/997-f8cf4a96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。