上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターフライヤーが「指定本邦航空運送事業者」の指定を受けた、との発表がありました。

さて、この「指定本邦航空運送事業者」とは何なのかですが、
このページの説明がわかりやすいですね。
要は機長の認定を国の運航審査官に代わって行える、ということのようです。
ただし初回の機長認定は国が行い、
2回目以降の認定は「指定本邦航空運送事業者」に在籍する
「査察操縦士」が行うことが可能となるそうです。
他にも、
・認定失効から1年を超える機長の復帰審査
・社内審査における不合格者の再審査
については国が認定を行う、とのこと。

これについて、スターフライヤーより規模も大きく
運航実績もあるスカイマークは当然指定を受けているもの、と思いましたが、
意外にも指定を受けておりませんでした。
スカイマークよりかなり小規模のアイベックスとか
オリエンタルエアブリッジとかも指定を受けているのに。。。

スカイマークにとって、機長の指定を社内で出来るようになれば、
パイロット育成の効率は上がるでしょうし、
これから複数機材を保有していくことになるのでかなり有利になりそうですが。
B737の機長認定は国に行ってもらう必要はありますが、
その後のA380やA330は社内で機長認定が出来ますし。

スカイマークはシミュレータはありますし訓練施設は整っていると思いますので、
A380、A330の運航前にそろそろ指定を受けておいた方がいいのでは、と思いますね。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/999-89f27984
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。