上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANA、JAL、SFJの上場航空会社の2Q決算をまとめました。

ANA

売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
25年3月期第2四半期 753,213 6.9 75,304 50.2 63,408 68.7 36,930 61.6
24年3月期第2四半期 704,841 3.0 50,133 △11.8 37,596 △17.4 22,856 72.1

JAL

売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
25年3月期第2四半期 634,225 5.7 112,190 5.7 111,061 7.7 99,718 2.4
24年3月期第2四半期 599,873 - 106,174 - 103,131 - 97,414 -

大手2社はともに増収増益と好調。昨年は震災の影響もあったので当然といえば当然ですが。
営業利益率はANAが10.0%、JALが17.7%と大きな差が出ていますね。
純利益で見ると、税効果もあって約630億の差。これは大きいですね。
国際線、国内線の状況で見ると、

国内線ANAJAL
売上(百万)193,800142,189
搭乗者数11,270,9418,114,463
客単価17,19517,523
利用率65.0%65.5
国際線ANAJAL
売上(百万)96,500114,383
搭乗者数1,719,4191,975,085
客単価56,12457,913
利用率79.9%79.0

ANA、JALとも搭乗率の傾向はほぼ同じですが、単価がJALの方がやや高いようです。
路線が違うので単純比較は出来ませんが、
株主優待をJALが発行していなかったことの影響もあると思います。
単価がやや高いことと、コスト削減によりJALはこの利益を出せた、
と言えると思います。

スターフライヤー

売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
25年3月期第2四半期 12,520 22 369 19 195 82 171 81
24年3月期第2四半期 10,305 309 107 94

スタフラは2Q時点ではわずかながら増収増益を確保しています。
ただ昨年は震災の影響で不調だったため、ある意味当然の結果です。
同時に下方修正が発表されていますが、
昨年は3Q以降は航空業界としてはほぼ平常通りから好調へと推移していったので、
昨年以上の利益を上げるのは難しいと判断したのでしょう。
LCCとの競合の影響はあるでしょうし、釜山線の9月搭乗率は37.5%まで下がっていますし。
羽田依存率が高いスタフラなので、羽田枠の割当数も望み薄ですし、
今後の見通しはあまりよくないのではないかと思いますね。

グリーがマザーズに新規上場。初値は公募価格3300円に対し5000円となりました。
私の補欠当選はやっぱり繰り上がらず、残念。

最近のIPOは仮条件の下限で公募価格決定、初値は公募を下回る、
という展開がずっと続いていましたが、ようやく大きく公募を上回りました。
時価総額はミクシィを上回ったそうです。

業績の伸びはミクシィを上回っており、今後にも期待できますが、
にも書いたようにユーザからお金を取る額がミクシィより多いことが気がかり。
やっぱりユーザの負担は少ない方が長続きできると私は思いますので。

今後株価、業績がどうなるか注目しておきたいと思います。


はじめまして。
普通の会社員のため、会社から帰宅してから株式等の各種情報をチェックしてます。
せっかくなので、その情報チェックで感じたことや投資結果などを中心に、日記形式で書いていきたいと思います。

<<前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。