上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2014年7月の輸送実績です。各路線の搭乗率は以下の通り。

2014年度 2013年度
羽田-福岡 73.1% 80.3%
羽田-神戸 73.4% 76.8%
羽田-札幌 90.9% 85.7%
羽田 -沖縄 86.1% 80.7%
羽田-米子 73.7% 0.0%
羽田-鹿児島 74.6% 61.4%
福岡-沖縄 84.9% 77.9%
神戸-沖縄 83.5% 56.0%
神戸-茨城 59.8% 50.1%
神戸-札幌 88.8% 88.4%
神戸-長崎 62.6% 62.5%
神戸-鹿児島 59.8% 41.5%
神戸-仙台 55.7% 0.0%
成田-札幌 77.2% 68.5%
成田-沖縄 76.4% 78.0%
名古屋-札幌 95.3% 81.2%
名古屋-沖縄 81.7% 78.2%
茨城-名古屋 24.3% 0.0%
茨城-札幌 72.4% 66.0%
茨城-福岡 48.2% 0.0%
米子-札幌 42.6% 0.0%
米子-沖縄 43.5% 0.0%
沖縄-宮古 70.9% 55.7%
沖縄-石垣 73.3% 56.3%
福岡-札幌 76.2% 84.8%
仙台-札幌 64.1% 61.9%
仙台-福岡 64.6% 62.5%
成田-米子 30.9% 0.0%
神戸-米子 37.3% 0.0%
--------------------
全路線 74.4% 71.6%


全体の提供座席数は前年比106.7%、対して搭乗者数は109.7%。
成田路線の搭乗率は63.0%、うちLCC競合路線は76.7%でした。
米子路線は搭乗率45.1%。

全体としては、提供座席数が増えている中搭乗率は上がっているので、なかなかよい数字。
各路線ごとに見ると、注目の羽田-福岡については、
提供座席数がA330導入で大幅に増えていますが、搭乗者数は微増。
A330の効果はまだほとんど見えていない状況ですね。
他の路線は、札幌、沖縄が好調ですね。羽田以外も全般的に札幌、沖縄は好調に見えます。
米子も73.7%なのでまずまず。

神戸についても、札幌、沖縄が好調、それ以外も前年はクリアしています。
ピーチからの移動が神戸の場合は起こりやすいので、その影響もありそうです。

成田の札幌、沖縄便もなかなかの数字ですね。
撤退が検討されていると思いますが、もったいない・・とも思えますが、
おそらく単価は安いのでこの搭乗率でも利益的にはトントン程度なんでしょうね。
閑散期を考えると撤退はやむなしなのだと思います。

名古屋も札幌、沖縄が好調。特に札幌はほぼ満席の状態ですね。
夏休みとはいえ、この数字は何か要因がありそう。

米子については、各路線40%前後ですか。
これから路線は縮小方向になると思うので、繁忙期に入ってこの数字だと撤退もありえますね。
まだ就航して間がないので余裕があれば様子を見たいところですが。

他は、離島路線も好調ですね。
ピーチも石垣便を撤退しましたし、そのあたりが追い風になっているかも。

全般的には、福岡が物足りない以外はまずまずいい数字が並んでいると思います。
ただ1Q決算を見る限り単価を下げているので、7月も単価を下げて乗客を集めているのかも。
だとすると利益面ではあまり期待ができない、ということになります。
福岡のA330導入は、8月は大きく寄与すると思いますので、
8月は福岡含め搭乗者数大幅増を期待したいです。

スカイマークは現状黒字化が最優先項目ですので、
路線整理を行っていくと思います。
米子と成田を切ればだいぶスッキリして、黒字化は十分可能だと思いますので、
今年度は米子と成田、機材整理のリストラで、
エアバスの件にプラスし特損を計上しておいて、
来年度からは黒字に持っていく、という作戦なのではないかと推測します。
となれば銀行の融資を引き出せて、ギリギリ生き残れるかもしれません。

スカイマークの2014年6月の輸送実績です。

2014年度 2013年度
羽田-福岡 77.1% 79.9%
羽田-神戸 66.2% 71.1%
羽田-札幌 85.0% 85.1%
羽田 -沖縄 66.5% 71.2%
羽田-米子 59.3% 0.0%
羽田-鹿児島 61.7% 60.6%
福岡-沖縄 69.2% 67.1%
神戸-沖縄 68.2% 61.1%
神戸-茨城 51.1% 49.1%
神戸-札幌 79.7% 80.3%
神戸-長崎 51.9% 54.6%
神戸-鹿児島 46.5% 41.1%
神戸-仙台 62.6% 0.0%
成田-札幌 67.9% 38.8%
成田-沖縄 64.5% 54.7%
名古屋-札幌 82.3% 78.7%
名古屋-沖縄 70.3% 69.0%
茨城-名古屋 13.4% 0.0%
茨城-札幌 64.2% 64.9%
茨城-福岡 43.1% 0.0%
米子-札幌 43.6% 0.0%
米子-沖縄 45.6% 0.0%
沖縄-宮古 63.4% 31.4%
沖縄-石垣 50.2% 0.0%
福岡-札幌 66.1% 67.4%
仙台-札幌 60.3% 52.9%
仙台-福岡 53.1% 54.8%
成田-米子 28.1% 0.0%
神戸-米子 45.0% 0.0%
--------------------
全路線 65.6% 65.2%


全体の提供座席数は前年比107.8%、搭乗者数は108.3%。
成田路線は搭乗率53.6%、うちLCC競合路線は66.2%。
また米子路線は全体で搭乗率44.3%でした。

各路線別に見てみると、
羽田はなんと言っても福岡でA330が就航した件が気になります。
搭乗率は79.9%→77.1%とやや下がっています。
便数がそのままで提供座席数が増えていて、
需要はまだそれに追いついていないようです。
ただ6月は閑散期なので、やむを得ないところですかね。
7月以降は繁忙期なので、これまで取りこぼしていた需要を取り込めることに期待です。
羽田の他の路線は、札幌は健闘していますがそれ以外は閑散期ということもありイマイチですね。

神戸路線は、ここも札幌路線が好調(といっても前年並みですが)、
他は前年並みといったところです。
成田は、札幌、沖縄ともなかなかですね。
ピーチに色々問題があったので、LCC離れでもあったのでしょうか。
閑散期でこの数字なら、7,8月はかなりいい数字を出せるのではないかと思います。

名古屋は札幌、沖縄は好調、茨城は全然ダメですが。
茨城の他の路線は、まあこんなものですかね。

米子路線は各路線とも40%台ですか。
6月であり就航直後ということを考えれば、まずまずですね。
成田-米子は不調ですね。羽田-米子路線がありますからねえ。

後は離島路線もまずまず、札幌-仙台も徐々に浸透してきているようですね。

今回は前年を上回れましたし、まずまずの結果ではないでしょうかね。
A330の影響は今月はまだ小さいですが、来月以降大きくなってきます。
ここでどれだけ乗客を稼げるかが非常に大きくなります。
ミニスカで知名度を上げ、快適な座席で固定客を増やす、という作戦が上手くいけばいいですが。
他にもワンピースとのコラボ企画もやるんですね。
ただこれはワンピースジェットを狙って予約とかはできないみたいですね。
どの程度効果がありますか。



スカイマークの2014年5月の輸送実績が発表されました。
各路線の搭乗率は以下の通りです。

2014年度 2013年度
羽田-福岡 81.4% 83.2%
羽田-神戸 70.4% 73.0%
羽田-札幌 79.8% 76.1%
羽田 -沖縄 57.8% 59.0%
羽田-米子 59.4% 0.0%
羽田-鹿児島 66.5% 68.1%
福岡-沖縄 65.0% 68.0%
神戸-沖縄 61.6% 58.5%
神戸-茨城 58.7% 52.9%
神戸-札幌 68.2% 67.6%
神戸-長崎 61.7% 60.7%
神戸-鹿児島 59.3% 48.2%
神戸-仙台 50.7% 0.0%
成田-札幌 53.0% 34.4%
成田-沖縄 47.4% 48.7%
名古屋-札幌 69.6% 61.7%
名古屋-沖縄 58.6% 56.8%
茨城-名古屋 31.3% 0.0%
茨城-札幌 51.6% 55.6%
茨城-福岡 45.9% 0.0%
米子-札幌 31.3% 0.0%
米子-沖縄 42.3% 0.0%
沖縄-宮古 50.8% 0.0%
沖縄-石垣 40.8% 0.0%
福岡-札幌 59.9% 63.2%
仙台-札幌 52.0% 41.0%
仙台-福岡 56.3% 47.7%
成田-米子 40.5% 0.0%
神戸-米子 38.8% 0.0%
--------------------
全路線 62.2% 62.9%


全体としての提供座席数は前年比109.3%、搭乗者数も109.3%でした。
また成田路線全体の搭乗率は47.0%、LCC競合路線では49.5%。
米子路線は44.2%の搭乗率でした。

昨年より若干悪いものの、前月よりはわずかに良化していますし、
搭乗者数も昨年より上回っているので、悪くはないといえばそうかもしれませんが、
好調だったゴールデンウィークを含めてもこの数字というのはやはりもの足りないです。

路線別に見ると、
羽田路線は大体前年通りですね。沖縄路線が悪いのは毎年のことですね。
特に今年は昨年より増便していますし。

神戸については、全体的に若干ですが良化していますね。
ゴールデンウィーク中に関空拠点のピーチに不祥事があり、
またパイロット不足による欠航も始まっており、その影響もあるのかもしれません。

成田については便数を減らした札幌路線が53.0%、沖縄と米子は40%台。
ゴールデンウィーク期間はおそらく高い搭乗率だったと思いますが、
それ以外は悪いのでしょうね。
A380就航まではこの程度の数字が続くものと思われます。

名古屋路線は閑散期としてはまあ順調、茨城についてもこの程度かな、
といったところ。
米子については、路線が定着していないこともあってかまだまだですね。
離島路線も、沖縄が低調だったこともあり余り奮わず。
仙台については昨年よりややよくなっていますね。
ここは路線の定着の効果なのかもしれません。

全体としては閑散期でもありあまりよくはないですが、
各路線大体昨年並み程度は確保できていたので、最低限といったところ。
6月はいよいよA330の運行が始まります。
まだ延期のアナウンスはないのでいよいよ開始と見ていいのでしょうか。
期待は当然ありますが搭乗率を見ていると座席数が増えることへの不安もあり、です。


スカイマークの2014年4月の輸送実績が発表されました。

2014年度 2013年度
羽田-福岡 84.9% 84.1%
羽田-神戸 70.9% 74.5%
羽田-札幌 78.5% 75.3%
羽田 -沖縄 64.3% 66.8%
羽田-米子 53.1% 0.0%
羽田-鹿児島 69.7% 68.1%
福岡-沖縄 67.8% 67.3%
神戸-沖縄 71.8% 64.4%
神戸-茨城 57.1% 54.9%
神戸-札幌 53.2% 61.9%
神戸-長崎 61.1% 60.5%
神戸-鹿児島 58.2% 44.9%
神戸-仙台 35.2% 0.0%
成田-札幌 46.0% 28.6%
成田-沖縄 57.0% 57.9%
名古屋-札幌 55.7% 52.8%
名古屋-沖縄 67.1% 72.8%
茨城-名古屋 22.8% 0.0%
茨城-札幌 36.9% 43.7%
茨城-福岡 49.9% 0.0%
米子-札幌 18.7% 0.0%
米子-沖縄 46.3% 0.0%
沖縄-宮古 57.8% 0.0%
沖縄-石垣 42.7% 0.0%
福岡-札幌 52.6% 61.4%
仙台-札幌 39.4% 42.7%
仙台-福岡 49.6% 55.8%
成田-米子 22.2% 0.0%
神戸-米子 29.3% 0.0%
--------------------
全路線 62.1% 65.1%


全路線の搭乗者数は前年比106.1%。提供座席数は113.4%。
成田路線は搭乗率42.0%。また米子路線は34.2%でした。

ゴールデンウィークが好調だったので、前年の搭乗率は上回れると思いました、
残念ながら昨年より悪化してしまいました。
やはり新路線が悪く、足を引っ張っていますね。
米子路線は全路線の1割を占めますが、全体で34.2%ですので苦しい。
米子とともに就航1年未満の仙台も苦戦ですね。

各路線毎では、既存路線は前年と大きな差はないですね。
新路線では、茨城-名古屋は再就航ですがやはり苦戦、
茨城-福岡はまずまずですね。
米子は沖縄はあと一息ですが、他は20%前後と大苦戦。
これが利益を出せる水準まで搭乗率が上がるかというと、
これまでの経験上あまりないですね。
米子はスカイマークに協力的とのことですが、
まだまだ協力してもらわないとこのままでは厳しいですね。
A330導入でB737は余ってくるので、新規路線を開拓していきたいところですが、
米子もいつまで維持できるか怪しいです。

今回の搭乗率発表で前年以上の数字が出れば買い増しも考えましたが、
この数字ではちょっと買い増しはないですね。

スカイマークの2014年3月の輸送実績が発表されました。
各路線の搭乗率は下記の通りです。

2013年度 2012年度
羽田-福岡 92.0% 94.9%
羽田-神戸 88.6% 89.8%
羽田-札幌 92.1% 84.2%
羽田 -沖縄 83.6% 89.4%
羽田-熊本 87.9% 81.6%
羽田-鹿児島 87.3% 89.8%
羽田-旭川 63.5% 0.0%
福岡-沖縄 87.3% 87.2%
神戸-沖縄 85.4% 76.8%
神戸-茨城 70.9% 68.8%
神戸-札幌 84.8% 69.5%
神戸-長崎 87.1% 79.1%
神戸-鹿児島 87.8% 60.6%
神戸-石垣 49.4% 0.0%
成田-札幌 83.8% 51.3%
成田-旭川 38.2% 39.4%
成田-沖縄 76.8% 90.4%
成田-石垣 56.3% 0.0%
名古屋-札幌 70.6% 78.7%
名古屋-沖縄 83.5% 90.5%
茨城-札幌 51.9% 57.4%
沖縄-宮古 69.3% 48.1%
沖縄-石垣 55.4% 0.0%
福岡-札幌 58.3%
仙台-札幌 43.8%
仙台-福岡 60.0%
成田-米子 68.8%
神戸-米子 47.0%
--------------------
全路線 79.8% 79.5%


提供座席数は前年比104.1%、搭乗者数は105.1%。
成田路線の搭乗率は70.6%、うちLCCとの競合路線は80.3%でした。

今月は久しぶりに前年の搭乗率を上回りました。
前年を上回ったのは9月以来ですね。
前月の2月でも前年比-5%だったので、これは意外でした。

個別に見てみますと、
羽田路線は前年並に回復していますね。
福岡、札幌は90%超とほぼ満席状態に戻っています。
A330導入に向けてはいい傾向ですね。

神戸は全路線で昨年以上の数字になっています。
地方路線で80%後半の数字が並ぶのはすばらしいですね。
特に長崎は4便もある中で87.1%はかなり好調です。

成田も、札幌、沖縄は80%前後といい数字です。
米子の68.8%、石垣の56.3%も健闘ですね。
ただ旭川はいつも通りですが。。。

名古屋は悪い数字ではないですが、昨年の方が上。
一応競合するジェットスターの就航が2013年3月31日だったので、
昨年より今年の方が状況は悪いのですが、その影響ですかね。
これまでの前年より若干悪い数字が続いていましたし。

沖縄離島路線は、宮古はいいですが石垣はあと一歩。
やはり4便は多いのかもしれませんね。

仙台路線は、札幌便がイマイチ伸びてきませんね。
価格競争を仕掛けていってどうなるかですね。

今月は、羽田が復調したことと、
神戸や成田が昨年を上回る好調さだったことが、搭乗率回復の要因ですね。
なぜ回復したのかですが、
・LCCの価格競争が一服した。
・ミニスカで話題になったから。
といった要因が考えられますが、
もしミニスカで話題になったことがこの回復の要因だとすれば、
社長してやったりということになりますが、真相はどうなのでしょうか。
スタフラも福岡便でコードシェアになっていますし、
価格競争が減ったとこの方が要因のように思いますが。

4月以降も前年比を上回ってくれれば、
黒字回復も見えてくるのですが、どうですかね。


<<前のページ >>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。