上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A380の違約金問題で苦境に立つスカイマークですが、
エアアジアが支援を検討しているとの報道がありました。

エアアジアは、楽天とともにLCC用の合弁会社を設立しています。
エアアジア楽天連合はスカイマークに出資することで経営権を取得し、
羽田発着枠を使ってLCCを運営していく、という作戦と思われます。
現時点ではエアアジア、スカイマークとも否定していますが。
これを受けてスカイマーク株はストップ高となりました。

これが事実だとすると、いくらで買収を仕掛けるかが焦点ですね。
スカイマークの純資産は1Q終了時点で389億、一株資産422円。
ただA380の前払い金約260億は返ってこない見込みであり、
さらに違約金を最大700億請求される可能性もある、という状態。
羽田枠の価値をどう見るかですが、1枠20億として、36枠だと720億。
違約金がこれで相殺されるとしたら、実質資産は129億。一株資産141円。
今日の株価230円は高いように思いますが、これは最悪の場合の数字。

最もよいケースを考えると、A380をキャンセルせずに購入するケース。
この場合は前払い金はそのままA380に変わるので、特別損失もなし。
当然違約金の支払いもなし、となります。
シートマップは変わると思われますが、
A380はエアアジアで使うとなればありえる話なのではないでしょうか。
となると一株資産の額でエアアジアがTOBをかけても、
特にのれんも発生せず経営上の損失はなしです。
その上羽田枠が手に入り、LCCの経営もおそらく上手くいくでしょう。

エアアジア楽天連合がTOBを仕掛ける可能性もあるように思えてきました。
社長は株を手放す気はなさそうですが、
社長から買うのかあるいは敵対的TOBを仕掛けるのか。
このままエアアジアが出資せずスカイマークがつぶれたとしても、
羽田枠は再配分になるだけでエアアジアは手に入らないでしょうし、
羽田枠を狙うのであれば仕掛け時なのかもしれませんね。


スカイマークの2014年度1Q決算が発表されました。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
27年3月期第1四半期 18,194 △1.5 △5,526 △5,448 △5,795
26年3月期第1四半期 18,478 △3.5 △2,477 △1,203 △1,241

A380の契約解除問題で大変なことになっています。
本業の方が順調であれば少々の借金が残っても何とかなると思いますが・・・
閑散期の1Qなので赤字は想定内ですが、内容はよくないですね。

先日私の予想で売上と経費を計算してみましたが、
売上はそれより13億ほど未達、それに対して経費は10億ほど多くかかっています。
売上が伸びていないのが残念で、客単価は前年の12,036円に対して11,071円と、
8%も低下しています。
提供座席数、搭乗者数とも前期より増えているのに売上が減少するということは、
値下げして増加した座席数に見合う搭乗者数を集めていただけのようですね。
A330を導入しているので客単価は上げていかないといけないのに。。。

2Qはさすがに黒字にはなるでしょうが、客単価が思うように上がらないようだと、
2Q終了時点で黒字にできるかどうかも怪しいですね。
2Q終了時で赤字だと、今期も赤字確定のようなものですし、さらに苦しくなります。

さらに、エアバス関連もありGC注記も付いてしまいました。
前払い金はもうないものとして考えるべきでしょうし、そうなると純資産は120億程度。
このまま好転しないようだとエアバスへの違約金支払いがなくても行き詰まる可能性もあります。

A380関連の大きな財務不安の中、この決算・・・この会社の強みは、
本当に羽田枠を持っていることしかなくなってしまった気がします。
羽田枠ほしさにデルタ等が出資するにしても、
昔の不動産株のように大幅な希釈化があるでしょうし、
株主にいい展開は考えづらいですね。


昨日報道があったスカイマークのA380購入契約の解除について、
色々報道があり事態の真相がわかってきました。

まず発端は今年4月にスカイからエアバスに対しての支払いが行われなかったこと。
ここからスカイはエアバスに対して支払いの先延ばし(納入期限の延期)の交渉を開始、
しかし現状のスカイの経営状況は悪く、先延ばししても支払えるメドが立つとは考えづらく、
先延ばしの条件として経営を安定させることを要求、
その経営安定策の一つとしてエアバスが提案したのが大手傘下入り。
しかしスカイマークはそれを拒否したため、エアバス側は当初の契約に従い、
A380購入契約を解除し、さらに当初契約通り違約金を要求した、
というのが今回の経緯と考えます。

当初の契約の中に、支払いが遅延した場合は契約を解除できる旨の
記載があるのではないかと思われます。
また違約金700億円の記載もありますが、
これもおそらく当初の契約に基づいて算出された数値と思われます。

上記が正しければ、今後はこの700億円をいかに減額していくか、
を交渉していくものと思われます。
これまで前払い金として265億円を払っていますが、これはおそらくパー、
さらに400億円以上を支払う必要が出てくる可能性があります。
社長も前払い金は「戻る可能性はかなり薄い」と発言しており、
違約金は「損害賠償は支払い能力に応じ、長期にわたっての弁済となる」
と話していることから、おそらくこの推測で正しいと思います。

さて、大変なことになってきました。
現状では265億円の前払い金が返ってこないだけですめば御の字、
最悪現在の自己資本を大きく上回る700億円まで請求される可能性がある、
ということで、一気に経営の危機となってしまいました。。。
昨年度末231億あった現金が、今年度末は70億まで減っていたのも、
支払いに苦慮していたことの表れなのかもしれません。
仮に現在支払い済みの265億円までで済んだとしても、
自己資本は446億→181億まで減少、この時点で1株資産198円。
さらに違約金を要求されるとなると、実質債務超過になる可能性もあります。
エアバスの主張の方が正しいように思われますので、
大きくは減額できないのではないでしょうか。
自己資本はほぼないと考えるべきでしょうね。

ただ、スカイマークは羽田発着枠という見えない財産があります。
1枠20億の価値とも言われており、これだけで700億円の価値があるといっても過言ではありません。
なのでこれを目当てにスカイに投資する経営者がいてもおかしくはないです。
以前ソフトバンクがイーアクセスの持つ周波数帯がほしくて、
時価より大幅な高値で買収を行ったように、
同じことがスカイの持つ羽田発着枠に対して起こる可能性もあります。
ただANAが買収すると羽田発着枠の返還を求められると思われるため不可能、
デルタも外資の出資規制により不可能ですが。

自己資本は乏しく、足元の経営も思わしくない、
これだけ考えると投資すべきではないでしょうね。
私も持ち分はある程度減らしておきたいと思います。
(売れればですが。。。)

スカイマークが、A380を6機購入するとしたエアバスとの契約を解除した、との報道がありました。

まだスカイマーク側の発表はないため真偽のほどは不明ですが、
どちらにしても決算発表では正式な発表はあると思います。

契約を解除するとして、もうすでに尾翼はスカイマークのロゴで塗装が完成しており、
試験飛行も実施済み。
この段階で解除となるとかなりの違約金を請求されると思われます。
2011年3月期の決算短信に載っていた、A380向けの支出額は155,898百万円で、
1ドル83円計算なのでドルでは18億7829万ドル。
これがすべて機体の費用ではないでしょうが、違約金は1億ドル規模でしょうか。
当初は4機で2機はA330への変更オプション付きでしたが、
すでに行使済みで6機発注が確定していますし。
今からでもA330に変更してもらえればいいのですが。。。
そういった方向も含めて、違約金を抑える交渉は行われると思います。

A380の契約を発表した当時は営業利益が約112億もあり、
国内線がこれだけ利益を出せていれば国際線で少々失敗しても問題なし、
という考えもあって契約したと思います。
しかし当時とは大きく経営環境も変わり、円は1ドル20円も円安になり、
LCCの搭乗もあり赤字決算となっています。
この状況でA380を導入して国際線、というのは非常にリスキーなのは確かです。
就航地はニューヨークとのことですが、発着枠が取れているのかも不透明、
アライアンスやマイレージの加入についても発表がなく、
このまま就航しても当面は大きな赤字になると予想されますし、
そうなると会社の存続も怪しくなってきます。
決断するなら今なのかもしれません。

違約金の支払いは痛いですが、国際線はA330で運航すればよいですし、
まずは国内線の立て直しに専念してほしいですね。
LCCにもほころびが見えてきていますし、A330による差別化も進んでいます。
国際線にこだわらないなら成田撤退も経営的にはありだと思います。

スカイマークの1Q決算は7/31(木)に予定されていますが、
大体どの程度の数字になるか予想してみたいと思います。

細かい計算方法は省略し、各カテゴリの経費予想は以下の通り。
人件費 3,200
機材 4,667
燃料調達 5,492
燃料税 984
着陸料 2,425
整備引当金 1,530
その他 3,800
---
合計 22,657

A330の運航が始まっており計算に盛り込む必要がありますが、
レンタル費用、燃費ともB737の倍でざっくり計算しました。

次に売上。
客単価が既存路線は前年比2%増、新路線は80%として計算すると、
売上は19,499百万。これで全体の客単価は98.6%となります。
羽田幹線が微減、A330もまだ客単価上昇には寄与していないと思われますので、
この程度かと思います。

以上から1Qの決算は、
売上 19,499
営業利益 △3,248

30億超の赤字、と予想します。昨年の赤字が24.7億でしたので、さらに赤字が膨らむ計算です。
A330を2台レンタルしておきながら、ほぼ運航できなかったのも痛い。
A330を2台3ヶ月レンタルで、おそらく5.5億ほどはかかっているはず。
為替、原油の水準も昨年より若干上がっていますし。

ただ2Q以降はプラス要因もあります。
繁忙期でA330による座席増が大きく寄与してきますし、
ピーチが大量欠航でスカイに顧客が流れてくると想定されます。
昨年2Qが単独で45.1億の黒字ですが、それは超えてくると思われます。
どこまで伸ばせるかは幹線、特に福岡の搭乗率にかかってきますね。

最近はミニスカもそうですが、無料WiFi導入であったりワンピースジェットであったりと、
色々話題は作っていますね。
無料WiFiはビジネス客にとってはありがたいサービスだと思いますので、
ビジネス需要を取り込むにはいいですね。いくら経費がかかるのか気になりますが。
後はマイルですが・・・発表ないですね。。。

<<前のページ >>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。